川口イングリッシュアカデミーBLOG

英検新傾向英検問題、ライティングの攻略法とは?

1今年の英検の1次試験に、昨年度までは1級、準1級、2級だけに課されてきた「ライティング」が3級と準2級にも課されるようになりました。「ライティング」とは、出題されたテーマについて、理由を上げながら一定の語数を用いて意見を書くものです。今後、センター試験に代わるテストでも、この種のライティングが課されるようになると思われますから、今のうちから慣れておく必要があります。さて、下の問題文をご覧ください。これは英検協会がホームページ上で公開している、2級のライティングの出題見本です。

 

  • 以下のTOPICについて、あなたの意見とその理由を2つ書きなさい。●POINTSは理由を書く際の参考となる観点を示したものです。但し、これら以外の観点から理由を書いても構いません。●語数の目安は80100語です。

These days, some people buy things on the Internet.  Do you think more people will do so in the future?  POINTS ●Price  Safety  Technology

トピックの訳 「最近、インターネットで物を買う人がいます。将来そうする人は増えると思いますか?」

 

 

2つの対策 こうしたライティングテストに向け、どんな準備をしたらいいのでしょうか?対策は二つの面から考える必要があります。一つは、英語で自分の意見を書く力をどうつけたらいいのか。もう一つは、上のような問題に向けてどんなトレーニングをすればいいのか、というものです。今回は、最初の課題である、そもそも英語で自分の意見を書く力を、どうつけたらいいのかについてお話ししましょう。

いわゆる英作文の勉強では、与えられた日本語を英語に直すもので、英作文と言えば多くの人がこの勉強を連想するはず。和文英訳ともいいます。一方、英検に見られるような、ライティングでは、自分の考えを英語で書くことが求められます。前者はライティングの基礎訓練であり、後者の課題作文は、そうして培った基礎力を応用して自分の意見を書くものです。

 

和文英訳トレーニング  どんな訓練でも、基礎力がしっかりしていなければ応用力などつきませんよね。その基礎力をつけるのにお勧めなのは、アカデミー生が日ごろ取り組んでいる「文法と英作文トレーニング」の日本語を英語にする問題を中1レベルから中3レベル、場合によっては高校レベルまでを徹底マスターすることです。和文を見て英文を書くだけでなく、直ちに言えるようにすれば、英会話の基本の養成にもつながりますし、もちろん書く能力を飛躍的に向上させてくれます。

 

自分の考えを英語で書く いよいよ和文英訳で培った基礎力を活用して自分の考えを英語で表現するステップに進みましょう。意見などを英語で書くにあたり、注意しなければならない点をいくつかお話ししましょう。

 

1.まず、一般的に私達の日本語表現能力と英語表現能力の間には、非常に大きなギャップが存在します。中学生、高校生が英語で表せることは、日本語で表現できる10分の1もないということを知る必要があります。ですから頭に浮かんだ日本語を全て英語で表すことはそもそも不可能と言っていいでしょう。では、どうすればいいのか?それは、言いたいことの中から英語で言えることを選び、表現することです。自分の意見を自分の英語力で言えるような内容に加工して表現するよう心がけるのです。

 

2.正しい使い方を知らない語句を、きっと通じるはずと、安易に使うことは極力避けましょう。確信の持てない言い回しを使うと、自分の意図したようには伝わらず、読む人が何のことやらわからずに困ってしまう場合が多いのです。使い慣れ、自信が持てる語句で表現しようとすることは、ライティングでは大変重要な姿勢の一つです。そのためにも、これを英語ではどういうのかという意識を持ち、日ごろから表現のための表現を増やす努力が大切です。

 

3.ライティングの練習中に、和英辞典を使うのは悪い事ではありませんが、その際に英和辞典を活用することが大切です。例えば、「パソコンの使用」と書きたくて、「使用」を調べたら’use’と出てきたとしましょう。文中にいきなりuseを入れるのでなく、今度は英和辞典でuseの使い方を調べ、一番適正であるものを見つけると良いのです。こうして初めて、和英辞典が生きてきます。

 

日頃から英語で自分の考えを英語で書きましょう  

話の最後に、ライティングの力をつけるための方法についてお話ししましょう。書く力をつけるためには、自分の考えを英語でたくさん書きましょう。ライティングの問題をたくさんやる以外に、英語で日記をつける、友達と英語の交換日記をする、外国人と文通するなど、できそうなものを選び、日常的に取り組むと効果が期待できます。

 

次に、ライティングテストが求める答案をどう作っていくかについて、具体的にお話ししましょう。

前号で2級のライティングで課される例題を紹介したものを、再度以下に示します。

 

  • 以下のTOPICについて、あなたの意見とその理由を2つ書きなさい。●POINTSは理由を書く際の参考となる観点を示したものです。但し、これら以外の観点から理由を書いても構いません。●語数の目安は80100語です。

These days, some people buy things on the Internet.  Do you think more people will do so in the future?  POINTS ●Price  Safety  Technology

トピックの訳 「最近、インターネットで物を買う人がいます。将来そうする人は増えると思いますか?」 

 

上の質問を急にされたら、日本語でもなんと答えていいか分からないかもしれません。ここで知っておくべきことは、必ずしも十分深く考えて得られる、現実に即した立派な答えを求められているわけではないということです。誰でも思いつけるようなありふれた意見で一向にかまいません。(もちろん、素晴らしい答えであればなお良いです。)英検で求められているのは、そうした意見を英検の級で求められているレベルの英語で、文法や語法の誤りをおかさずに書けることなのです。

 

こうした問題に、大まかなアウトラインを考えずにいきなり英語で書き始めることはお勧めしません。いきなり英語で書き始めると行き詰ってしまう可能性があり、時間を空費しかねません。また、求められている語数に達せずに立ち往生してしまう人も多いのではないでしょうか?そうした場合の対策として、まず、日本語で答えてみることをお勧めします。では、やってみますね。

この話題では、実感として賛同する意見のほうが簡単そうですね。(もちろん、反対の意見でも一向にかまいません。)賛成でも反対でも書き易い意見を選ぶことが大切です。

 

1.まず意見を書きます。「私は将来インターネットで物を買う人は増えると思います。」(I think more people will buy things on the Internet.)次に理由を2つ上げます。大切なのはここからです。

 

2.「2つ理由があります。」 I have two reasons.とかThere are two reasons.とします。

 

3. 「まず、ネットの買い物は家にいながらにしてできます。(=もしインターネットで物を買えば買い物に出かける必要はありません。」First, you do not have to go out shopping if you buy things on the Internet. 第一の理由をこれで切り上げないようにしましょう。これでは語数が足らないからです。例えば、

 

4.「そのため、時間やお金の節約になります。(=なので時間もあまりかかりませんし、お金もあまりかかりません。)So it does not take much time and it does not cost much money.  もう一つの理由です。

 

5.「次にネットでの買い物は、短時間にたくさんの商品を比べられる利点があります。(=二つ目に、オンラインショッピングをすれば、短時間で簡単に多くの製品を比べることができます。)」Second, you can compare a lot of products easily in a short time if you do online shopping.これも、説明を補足しましょう。

 

6.「例えば、沢山のものを比較することで、一番安いものを選ぶことができます。」For example, you can choose the same item at the lowest price by comparing prices on the Internet.これで語数が十分であれば、ここで終えることもできますが、ここでは結論をもう一度繰り返して語数を稼いでみます。

 

7.「上のような理由で私は、インターネットで物を買う人の数は増えると信じています。Because of the reasons above, I believe that the number of people who buy things on the Internet will increase in the future.

 

ライティングで注意すべき事を2、3あげておきます。私は、最初の意見と、締めくくりの意見を異なった英文を使いました。全く同じ英文で再度意見を書くのは可能な限り避けましょう。注意点をもうひとつ。上の作業の過程で、時々日本語を言い換えていますよね。前の号でもお話ししましたが、私達の日本語の表現能力と英語の表現能力の間には大きなギャップが存在します。難度の高い表現は、英語で表現できるような表現に言い換えをする必要があります。日本語での言い換え方を是非参考にして下さい。

ここで英文のみをまとめておきます。

 

I think more people will buy things on the Internet. I have two reasons. First, you do not have to go out shopping if you buy things on the Internet. So it does not take much time and it does not cost much money. Second, you can compare a lot of products easily in a short time if you do online shopping. For example, you can choose the same item at the lowest price by comparing prices on the Internet. Because of the reasons above, I believe that the number of people who buy things on the Internet will increase in the future. (100 words)

 

 如何でしたか?ここで答え方を要約します。まず、1.意見 2.理由1(2~3文で・・・補足説明や例を含みます。)③理由2(2~3文で・・・理由1と同様補足説明や例を含みます。)4.場合により意見を繰り返して締めくくる  となります。

(この手順は3級、準2級、2級すべて共通です。)

 

次に各級別に題をあげておきます。それぞれの級で要求される語数は2級 80100語、準2級 5060語、3級 2535語となっています。紙と鉛筆を用意し、まずは日本語でやってみて下さい。一応級別になっていますが、級にこだわらずどしどしやってみましょう。英検のライティングで求められていることが分かれば、「ライティング」恐れるに足らず、ということがお分かり頂けることと思います。

  • 2級用 「将来は就学前に外国語を習い始める子供は増えると思いますか?」
  • 2級用 「生徒は学校のクラブ活動に参加すべきだと思いますか?」
  • 3級用 「あなたのお気に入りの季節は何ですか?」

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
川口イングリッシュアカデミー
http://www.english-academy.co.jp/
住所:埼玉県川口市青木5-18-48
フリーダイヤル:0120-255-780
TEL:048-255-6705(代)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ページ上部へ