川口イングリッシュアカデミーBLOG

2020年から英語の大学入試はどう変わる?対処法は?

授業風景1013日付けの新聞によると、全国国公立大学では2020年から2023年の英語の入試について、センター試験に代わる試験として、マークシート方式の共通テストと英検などの英語の民間試験を両方とも課すことに決めたとのことです。

 

この決定は、私立大学の入試にも大きな影響を与えることになりそうです。英語を聞き、話し、読み、書くという4技能の力を高校生に身につけさせたい文科省と、民間の資格試験で公平な試験ができるかを危惧する国立大学の両者の要望を両方取り入れた結果の結論です。

 

こうした方針は国際社会で通用する英語力の養成という観点からは歓迎できますが、受験生としてはマークシート試験対策と民間の資格試験対策の両方をやらなければならないので、大きな負担になることが懸念されています。

 

もっとも、アカデミー生にとっては、両方の試験に対応した学習を普段からやっていますから、こうした傾向はかえって歓迎です。ちなみに2本立ての試験は、現在の中3から適用されることになります。

 

アカデミーの英語教育は、30年以上にわたり小学生から英語の4技能すべてに焦点を当てたものとなっており、スピーキングやライティングといった英語の発信面を重視する最近の民間試験にも対応しています。

 

普段の授業で積極的に英語を話し、ダイアログを聞き取り、シャドーイングなどの学習に励むことで、どのような試験にも対応できる底力を確実につけることができます。英検にもどんどん挑戦しましょう。こうしたチャレンジ精神が皆さんの未来を切り開いていきます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
川口イングリッシュアカデミー
http://www.english-academy.co.jp/
住所:埼玉県川口市青木5-18-48
フリーダイヤル:0120-255-780
TEL:048-255-6705(代)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ページ上部へ