川口イングリッシュアカデミーBLOG

小学高学年(4月開講の小5、小6A)クラスでは、今何を学習?その①読み書き学習のカギを握るフォニックス

ブログ用3学校で学ぶ科目のうち、英語は最も学力差がつきやすい科目と言われています。

その大きな原因の一つは、多くの生徒が英語の読み書きにつまずいてしまうことだと言われています。

英語の文字と音の関係への気づきには大きな個人差があります。

一部の生徒にとり、アルファベットのつながりを音に変えるのは実は容易ではありません。

教科書に書いてあることが、読めないまま、学校の授業が先に進んでしまい、英語が不得意になってしまう生徒は多いのです。

高学年クラスでは、開講後まずアルファベットの読み書きを徹底的にトレーニングしました。

現在は一つ一つの文字が持つ音を学習しています。

アルファベットは一つ一つの文字が独自の音を持っています。

例えば、uという文字は、多くの場合up, bus, cupのように、口をリラックスした状態で、余り大きく開けずに発音する「ア」/ʌ/の音を持ちます。

アカデミーでは、アルファベットに慣れたら、それぞれの文字がもつ音を、時間をかけじっくり覚えていきます。

小6Aクラスでは、5月中に26文字の音を全て覚え、6月に入ってからは、2文字を組み合わせた学習に入っています。(5年生は26文字の音の学習がまもなく完成です。)

ここまでくれば、易しい単語の読み書きまで、もう一息です。

街には英語があふれています。

読める単語が増えると楽しいですよ。頑張りましょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
川口イングリッシュアカデミー
http://www.english-academy.co.jp/
住所:埼玉県川口市青木5-18-48
フリーダイヤル:0120-255-780
TEL:048-255-6705(代)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ページ上部へ