川口イングリッシュアカデミーBLOG

今年のノーベル経済学賞と英語の学習にどんな関係が?

今年のノーベル経済学賞はブログ用、発達経済学と言われる分野で。理論的手法でなく実証的な手法により、行った3人の経済学者に贈られました。

 

3人は、例えば、開発途上国で学校に通う生徒を増やすためにはどんな政策が有効かを調査しました。

 

彼らは実行されたさまざまな政策の有効性を、新薬の検証試験で用いられる方法を参考に、「無作為化比較試験」と呼ばれる手法を用いたのです。

 

例えば、開発途上国で学校に通う生徒を増やすためには、

①無償の教科書を増やす

②親に教育効果の情報を提供する

③給食を無料にする

④寄生虫対策の薬を配る⑤現金や制服を配る、のうち、どの政策が有効かを調査しました。

 

これらの政策の中に二つ、学校に通う生徒を増やすために有効だった政策がありました。皆さんも、どの政策が有効だったかを考えてみて下さい。

 

3人が中心になって行った研究で、②親に教育効果の情報を提供する、と④寄生虫対策の薬を配るの、政策が、残りの3つの政策よりも圧倒的に有効であることが分かりました。

 

④の寄生虫対策の薬を配るのが有効なのは、途上国では寄生虫により病気になり学校に通えないためです。どうですか?当たりましたか?

 

大変興味深い研究ですよね。日本でもさまざまな政策について、こうした実証的な研究によりその有効性が検証されれば、よりよい社会が実現できるのではないでしょうか。

 

また、②の「親に教育効果の情報を提供する」を私たちの英語教室に当てはめれば、アカデミーニュースでさまざまな情報を提供することに通じます。

 

英語を勉強することで、子供たちの未来がどのように開けるか、どんな方法で英語を学べば、どんな英語力が身に着くかなどの情報を、教師や、家族、また生徒自身が知ることで、より英語を学ぶ意欲も高まり英語学習の効果が上がるのではないかと思えるのです。

 

川口イングリッシュアカデミー

地域No.1 教室

川口市青木地区、西川口、南鳩ヶ谷より、多くの生徒の皆さんが英語学習に取り組んでいます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
川口イングリッシュアカデミー
http://www.english-academy.co.jp/
住所:埼玉県川口市青木5-18-48
フリーダイヤル:0120-255-780
TEL:048-255-6705(代)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

英語入試改革の意味と背景について!

ネット用2

 

大学入試に民間の英語の試験を活用するとい来年度実施予定の政府の計画は、地方の学生が不利になるとか一部のテストが高額で負担になるなどの理由で、突然見直されることになりました。

 

受験の公平性からはこの変更もやむを得ないと言えますが、英語教育改革という観点からは大変残念なことです。

 

そもそも、何故文科省は必死に英語入試を改革しようとしているのでしょうか?

 

それは、現在の筆記テスト中心の入試は、日本が置かれている社会状況に対応できなくなっているからなのです。

 

ビジネスのグローバル化が加速し、国内にますます多くの外国人が生活するようになっています。

 

こうした状況では、ペーパーテストにしか対応できない英語力ではものの役には立ちません。

 

英語を話す能力や、きちんと自分の考えが伝わる英文を書く能力などが必須になっているのです。

 

文科省が目指す英語入試は今までのセンター試験や私大の入試とどこが違うのでしょうか?

 

それは、①リスニングの比率を、大幅に増やし、筆記と同じ比率にし②ライティング(自分の意見を英語で書く)と③会話力(スピーキング)のセクションを入れようということです。

 

数年前に英検がライティングのセクションを追加したのは上に述べたような入試改革に沿ったものです。

 

この新たな英検で、アカデミー生の多くが日頃鍛えているライティングの力を活かし、高得点を獲得し、アカデミー生の合格率を押し上げています。

 

そもそもアカデミーの授業は、以前からリスニング力、スピーキング力、ライティング力、リーディング力がしっかり身につけることを目指しています。

 

例え英語入試でどんな改革があっても、それに対応できる力能力を養成しているのです。

 

生徒の皆さん、英語の4技能をバランスよく伸ばすことを目指したアカデミーの授業をしっかり受けて、どんな入試でも問題なく乗り越えられるよう、揺るぎない英語力を身につけて下さいね。

 

川口イングリッシュアカデミー

地域No.1 教室

川口市青木地区、西川口、南鳩ヶ谷より、多くの生徒の皆さんが英語学習に取り組んでいます。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
川口イングリッシュアカデミー
http://www.english-academy.co.jp/
住所:埼玉県川口市青木5-18-48
フリーダイヤル:0120-255-780
TEL:048-255-6705(代)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

英検ライティングにはコツがある?

 

 ブログ用2英検の3級以上の一次試験では、筆記、リスニングに加え、課題について自分の意見を英語で書く「ライティング」という問題が出題されます。

 

受験の際の、ライティングの所要時間やエネルギーはそれほど多くないはずですが、一方、配点割合は筆記やリスニングと同じです。

 

ライティングでどの程度得点できるかは、合否を大きく左右します。

 

アカデミー生は「文法と作文トレーニング」の学習を通じて、ライティングの基礎力をしっかり身に着けているため、ライティングが得意な生徒が多く、それこそライティングのおかげで合格してしまう生徒もかなりいます。

 

今回は、このライティングセクションへの対策を立てる上で重要なポイントを、的をしぼって説明します。

 

その前に、英検ライティングはどんな基準で採点されるかご存じですか?

 

英検協会によれば、 1.課題で求められている内容になっているか?(3~2級では意見とそれに沿った2つの理由)  2.英文の構成や流れが論理的か?  3.語句が正しく使えているか? 4.文法的に正しいか? の4つの基準がありますので参考にして下さい。

 

では、始めましょう。まず、文法的に正しい英文は書けますか?

 

そのへんに自信がない人は、例えば、中学レベルの「文法と英作文トレーニング」の英作文の部分のみを何度かやっておく事などをお勧めします。

 

基礎的な間違いで減点されることがないよう、基礎固めをじっくりやっておきましょう。

 

本論に入りましょう。実際に課題に取り組むときの注意点です。

 

生徒によっては、課題を読み、いきなり英文を書き始めてしまい、英文を書いているうちに、次に何を書いてよいか分からなくなってしまうことがあります。

 

そうしたことを防ぐためにも、書き始める前に、作文する内容の要点を英語か日本語でメモしておくことを勧めます。

 

詳細にわたり、日本語で作文をしておくこともできますが、この場合に気を付けるべき点があります。

 

あらかじめ書いた日本語を一字一句忠実に英語に直そうとしてはいけません。

 

話の流れを忘れないための指針としての日本語ですから、和文の趣旨に沿って、自分の能力で英語で表現できる範囲で書けばよいのです。

 

英語で表現できないことを無理やり書こうとすると、確信の持てない語句や表現を用いかねません。

 

そうなっては、自分から減点の種を蒔いているようなものです。

 

くれぐれも、自分の予定した趣旨に沿い、自信が持てる英語で書けるよう、練習を積み重ねて下さい。

 

自分で書いた英文は、アカデミーの担当の先生にチェックしてもらいましょう。

 

気づかなかったウィークポイントが見つかるかもしれませんし、話をどのように展開したらいいかなどのヒントが得らるかもしれません。

 

ライティングは、いくつかのポイントに注意しながらたくさん練習することで、必ず向上します。頑張って下さいね。

 

川口イングリッシュアカデミー

地域No.1 教室

川口市青木地区、西川口、南鳩ヶ谷より、多くの生徒の皆さんが英語学習に取り組んでいます。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
川口イングリッシュアカデミー
http://www.english-academy.co.jp/
住所:埼玉県川口市青木5-18-48
フリーダイヤル:0120-255-780
TEL:048-255-6705(代)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

小5・小6Aクラス フォニックス初級・中級・上級検定結果

ホームページ用

小5クラス  フォニックス検定初級

初級は主な母音字のa I u e oと基本的な子音字のt d p b c kとその組み合わせを学びます。以下は、初級で学ぶ単語例です。

top cup cap bud pot   kid   bib   cop hot   ten   fog   jam

 

100点 中谷H 並木R 高森Y 藤木K 設楽R 佐藤T 菅T 

90点以上 前島H 吉田Y 末吉K 上原K 

 

小5クラス フォニックス検定中級

中級では、初級で学んでいない子音字の全て、f g h j l m n p r s v w x y zを学びます。以下は、中級学ぶ単語例です。cent gem get   cent city ice gym rat risk lid net   sun jam gentle

 

90点以上 丸山J 藤木K 末吉K 菅T 上原K 設楽R 高森Y 中谷H 

80点以上 前島H 

 

小6クラス フォニックス検定上級

上級では、2文字で一つの音を出すものを8つ、無声音のth 有声音のth, ch sh wh ph ng ckを学び、さらに語尾にeが加わることで母音の読み方が変わる(例 kit kite)マジックeを学習します。ここまでくれば、読み書き学習で困ることが激減します。以下は、上級で学ぶ単語例です。lunch ship shell bath thank this that whale white elephant phone thick neck king thing cake snake wide nine cute note these

 

100点 丸山N  鈴木N  田村Y  大森Y 

90点以上  吉岡K 田沼Y

 

川口イングリッシュアカデミー

地域No.1 教室

川口市青木地区、西川口、南鳩ヶ谷より、多くの生徒の皆さんが英語学習に取り組んでいます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
川口イングリッシュアカデミー
http://www.english-academy.co.jp/
住所:埼玉県川口市青木5-18-48
フリーダイヤル:0120-255-780
TEL:048-255-6705(代)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

小学生クラスフォニックス検定実施

ブログ用3

フォニクスとは、英語圏で読み書き学習に入る前に行われる読み書きへの準備のための学習法です。

 

アカデミーでは、低学年クラスからフォニクス的な学びを少しずつ行いますが、高学年クラスでは学んだことを整理していきます。

 

中学で英語に落ちこぼれる主要な原因は、英語の読み書きに入る段階でのつまずきだというデータがあるくらい、実は多くの学習者にとり読み書きの入り口は英語学習のハードルを上げる大難関になっているのです。

 

フォニクスは、こうした読み書きへの入り口での落ちこぼれを防止し、の入門期を無事に通過し、その後の英語の読み書きを順調に進めるための優れた方法なのです。

 

フォニクスを学ぶことで、音と文字の関係とその組み合わせが効果的に学べ、初めて目にする英語が読めるようになり、また、スペリングも容易に覚えることができるようになりますので、生徒にかかる読み書き学習に関わるストレスを大幅に減少させることができます。

 

高学年(小5・小6)クラスでは、開講後の46か月間で、フォニクスを集中的に学びます。

 

小5クラスでは2学期開始以降、初級と中級の検定試験を、小6クラスでは9月に上級の検定テストを行いました。

 

川口イングリッシュアカデミー

地域No.1 教室

川口市青木地区、西川口、南鳩ヶ谷より、多くの生徒の皆さんが英語学習に取り組んでいます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
川口イングリッシュアカデミー
http://www.english-academy.co.jp/
住所:埼玉県川口市青木5-18-48
フリーダイヤル:0120-255-780
TEL:048-255-6705(代)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

英会話から試験対策まで当アカデミーの特徴が分かるブログをご覧ください

川口イングリッシュアカデミーでは、講師によるブログを配信しております。英語を学ぶことの大切さや学ぶポイントなど、グローバル社会を生き抜く上で役立つ情報から当アカデミーの指導法、日々のレッスンでの出来事など興味深い情報を配信中です。
当アカデミーの日本人講師およびネイティブ講師による英会話を上達させるためのアドバイスや、頑張る皆様へのメッセージなども掲載しております。学院長による教室新聞のコーナーでは、当アカデミー卒業生が経営者やテレビでも取り上げられる人材となり活躍する様子もご紹介しております。
川口イングリッシュアカデミーは楽しく英語が学べるだけでなく、高校入試や大学入試、各種検定試験合格まで見据えた英語教室ですので、しっかり学びたい方はぜひお問い合わせください。

ページ上部へ