川口イングリッシュアカデミーBLOG

アカデミーで学んでからのホームステイ・留学は英語力を飛躍させる!

数年前の事。アカデミーに通う生徒の御一家が、お父上のお仕事の関係で1年間、アメリカでホームページ用

過ごされました。アカデミーに通う、御一家の子供達3人はそれぞれ、アメリカの地元の小・中・高校に通学しました。(ご両親は、この海外生活も考慮にいれ、お子様達をアカデミーに通わせたとおっしゃっていました。全て計画通りとの事。脱帽です。)

 

海外での英語の学び方にも色々あり、水泳に例えれば、英語学校は波のこないプール、地元の学校は大きな波がいつ来るともしれない大海原と言えます。様々な語学的・文化的ハードルを越えなくてはならなかったはずで、お子さん方は一回りも二回りも成長したようです。お子さん方を帰国後クラスで指導しましたが、やはり英語力は格段と進歩していました。

 

私は語学教師ですから、留学やホームステイが英語力にどんな影響を与えるか大変興味があります。予測通り、①英語らしいリズムで話すようになる②リスニング力が格段とつく③英語でのやりとりが臆せずできるようになる④英文を読む際の正確さとスピードが向上する等の点で、明らかな進歩が確認できました。

 

以上の成果は私が言う「英語のコア」が更に大きく成長したことを示し、英語によるコミュニケーション力がついただけでなく、その後の入試で、受験した2人のお子さんは、英語力に物を言わせて見事、志望校に合格を果たしています。

 

今夏、高校2生がオーストラリアで3週間、ホームステイをしながら地元の高校に通ってきました。アカデミーでも積極的に英語に取り組んでいるだけあり、英語を聞くことにも話すことにも問題なく過ごせたとのことです。ステイ先では、ご家族と大変仲良くなり家族同然の扱いをしてくれたそうで、心から海外生活を楽しんだとのことでした。

 

アカデミーに通う生徒の皆さん、海外で学ぶ機会があったら、是非チャレンジして下さいね。語学面だけでなく、異文化交流などが、皆さんの世界を大きく広げてくれるはずです。そのつもりで、英語学習にしっかり励みましょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
川口イングリッシュアカデミー
http://www.english-academy.co.jp/
住所:埼玉県川口市青木5-18-48
フリーダイヤル:0120-255-780
TEL:048-255-6705(代)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

途中入会者の伸びから分かる、アカデミーの「本物の英語力」つき方とは!

アカデミーでは、小学生から学ぶ生徒が多いのですが、中1、中2の時点で入会する開始する生徒も結構います。脳の図

 

そうした生徒は、2〜3カ月で見違えるほど英語力がつきます。この生徒たちの実力の付き方を知れば、アカデミーの指導法一般的な英語学習法の違いが良く分かります。

 

一般の英語学習者は英語の仕組みを一応なんとなく理解はしているものの、英語の「芯」(=英語のコア)の部分が身に付いていないという問題を抱えています。「英語のコア」とは、英語を英語のまま理解する能力の元となる力、英文を正しく作りだす力のこと。

 

一般の方法では、先生の解説を聞き問題集を解くような英語学習をします。こうした方法では、頭脳に英語の芯が育ちません。ですから、英語を英語のまま理解したり、英文を組み立てたりする力がつかず、本物の英語力が伸びていかないのです。

 

アカデミーの指導の中心は、英語の基本的な枠組みを直接理解し、覚えるダイレクト・メソッドを通じて学習しまたダイアログを暗記することにより、「英語のコア」を養成することです。英語を英語のまま理解し、その英文を覚えるによってのみ「英語のコア」が育つのです。

 

途中入会の生徒も、2〜3カ月経ちアカデミーの学習法に慣れ英語のコアが身に付き始めると、英文を組み立てることが以前よりも容易になり問題もそれまでより速く正確に解くことができるようになります。

 

さらに、英語を聞いた時に、いちいち日本語に変換しなくても英語を英語のまま理解できるようになるので聞き話す力も飛躍的に向上します。え

 

もともとアカデミーで小学生から学ぶ生徒は、途中入会の生徒のようには英語力の向上を自覚しづらいかもしれませんが、実は通常の方法では身につけられない「英語のコア」をしっかり育立ているのです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
川口イングリッシュアカデミー
http://www.english-academy.co.jp/
住所:埼玉県川口市青木5-18-48
フリーダイヤル:0120-255-780
TEL:048-255-6705(代)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

氏より育ちーー英語学習で努力の大切さを知ろう!

「氏より育ち」という格言があります。

 

人の性格や能力は、素質よりもその後の環境により形作られるものだ、ということですよね。

 

これに関連して、かつて大変興味深い心理学上の研究がアメリカで行われています。

 

それは、ほめ方により、その後の能力の伸びに違いがでるかどうかという、数十人の児童を対象にした研究です。DSCF0253

 

まず、児童に知能テストを受けさせます。

 

テストの後に、半数の児童には「あなたは、能力が高い。」のように児童の素質をほめ、残りの半数

には「よく頑張ったね」のように、努力をほめます。

 

その数年後に児童の学力の伸びを調査しました。

 

すると、素質をほめられた児童の学力の伸びは芳しくなく、一方、努力をほめられた児童は、順調に学力を伸ばしたというのです。

 

常識的に考えれば、「能力が高い」とほめられればやる気が高まりそうなものですよね。

 

ところが、実際には、自分の能力の高さを否定するような、難しいものに挑戦するのを避けるようになってしまった、

 

とのことです。一方、努力を讃えられた児童は、困難な課題に進んでチャレンジし、めげずにがんばるようになりました。

 

以上の研究から、親や教師は素質や能力でなく、努力や頑張りをほめなければならないことがわかります。人の能力は固定的なものではなく、努力次第で思いがけなく伸びるものです。

 

英語学習を通じて、努力し頑張ることの大切さを知り、体得して頂ければなによりです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
川口イングリッシュアカデミー
http://www.english-academy.co.jp/
住所:埼玉県川口市青木5-18-48
フリーダイヤル:0120-255-780
TEL:048-255-6705(代)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「文法と英作文トレーニング」で、なんと英語が話せるように!

脳の図小学生高学年クラスから使用する、「文法と英作文トレーニング」はその名の通り、文法力と英作文(和文英訳)力を養成するためにアカデミーが開発した問題集です。

 

授業で使用している生徒はお分かりでしょうが、英作文のトレーニングで英文を自ら作った後で、和文を見て素早く英文を言う練習を繰り返しますよね。

 

3~4回の授業にわたりトレーニングを繰り返し、家での宿題としても課しますから、一文につき20回以上は反復練習することになります。

 

この練習は、英検などでも問われる作文力の基礎を養成するだけでなく、実は英語を話す回路を構築し会話力を強化する狙いもあるのです。

 

個人クラスで、一般の方が英会話力を強化する目的で、基礎からアカデミー方式により英語を学びなおしていらっしゃいます。

 

お仕事の関係で外国人のお客様が多いとのことで、話す英語が伝わらず聞き返されることが多いのが悩みの種なのだそうです。

 

アカデミーで学び始めて、まだ4か月ほどなのですが、お客様から聞き返される頻度が著しく減ったとのことです。現在では、英語を話す時に、自然に主語や動詞を意識できるようになってきた、とおっしゃっています。

 

文は言葉を並べて作るものですが、英語では主語を必ず明示し、その後動詞が続くなど、語順がことさら重要になります。

 

生徒の皆さん、「文法と英作文トレーニング」の学習を通じ、文法力や英作文力の養成にとどまらず、意識しないでも瞬時に正しい語順で文が組み立てられるように、和文を見て英文を言う練習をしっかり行って下さい。

 

この練習は、先生との会話や、ダイアログの英文のシャドーイングと同様、英語を話す力を確実に向上させてくれますよ。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
川口イングリッシュアカデミー
http://www.english-academy.co.jp/
住所:埼玉県川口市青木5-18-48
フリーダイヤル:0120-255-780
TEL:048-255-6705(代)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

小学高学年クラス、フォニックス検定を実施!

 

英語教師のイラスト室の高学年クラス(小5クラス、小6Aクラス)では、4月の開講以来、フォニクスの

手法を用いて読み書きの基礎トレーニングを行っています。

 

フォニクスは、英語の音と文字の関係を初歩レベルから段階を踏み、体系的に学ぶもので、英語圏では読み書きへの導入学習として一般に行われている方法です。

 

この学習により、生徒の皆さんは間もなく始まる、文法学習やダイアログ学習にスムーズに入っていけます。

英語の読み書きは、小学生にとって一般的に容易ではありませんが、アカデミーではフォニクス学習により、どの生徒も問題なく読み書き学習に入っていけるようになります。

 

 

初級レベルでは、英語の基礎的な母音a i u e oと子音p b t d d c k、及びその組み合わせに習熟します。

 

単語レベルでは、pot tab cup tub pot dotなどの3文字単語の読み書きを練習します。cut とkidなどに見られる、cとkの使い分けも初級段階で学びます。

 

また、中級レベルでは、初級レベルで扱わなかったf g h j l m n r s v w x y z rの子音を学習します。更には、日本人が最も困難を感じるrlの区別やcity とsunに見られるcとsの使い分け、gymとjamにおけるgとjの使い分けも中級の範囲です。

 

 

小5クラス、小6Aクラスでは現在順調に学習が進んでおり、小5は現在中級レベルをほぼ終え間もなく中級の検定を、小6Aクラスは上級レベルをほぼ終えています。

 

検定結果は以下の通りです。以下の通り、生徒全員が素晴らしい結果を残しています。皆さんの今後の成長が非常に楽しみです。

頑張って下さいね。

 

 

フォニクス初級

 

100点

小5クラス K和貴 T茉日南 S海翔 S陽翔 Y茉生 N奈緒 I智優 H駿 M琴葉 N類斗 S奈愛

小6クラス S一恭 I心美  O結  N葡乃香

 

90点以上

小5クラス I凜 Sまいか K莉子 H知宙 S和希

小6クラス Fそよか

 

フォニクス中級

 

小6クラス 

100点 S一恭 N葡乃香

90点以上 I心美 O結 Fそよか

ホームページ用

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
川口イングリッシュアカデミー
http://www.english-academy.co.jp/
住所:埼玉県川口市青木5-18-48
フリーダイヤル:0120-255-780
TEL:048-255-6705(代)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

英会話から試験対策まで当アカデミーの特徴が分かるブログをご覧ください

川口イングリッシュアカデミーでは、講師によるブログを配信しております。英語を学ぶことの大切さや学ぶポイントなど、グローバル社会を生き抜く上で役立つ情報から当アカデミーの指導法、日々のレッスンでの出来事など興味深い情報を配信中です。
当アカデミーの日本人講師およびネイティブ講師による英会話を上達させるためのアドバイスや、頑張る皆様へのメッセージなども掲載しております。学院長による教室新聞のコーナーでは、当アカデミー卒業生が経営者やテレビでも取り上げられる人材となり活躍する様子もご紹介しております。
川口イングリッシュアカデミーは楽しく英語が学べるだけでなく、高校入試や大学入試、各種検定試験合格まで見据えた英語教室ですので、しっかり学びたい方はぜひお問い合わせください。

ページ上部へ